teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


『ウィンストンズ・ステーキハウス』(Winston’s Steakhouse) 画像2

 投稿者:映画・アニメーション データファイル  投稿日:2018年 8月19日(日)15時58分10秒
返信・引用 編集済
  『ウィンストンズ・ステーキハウス』(Winston’s Steakhouse) は「ジュラシック・ワールド」のメイン・ストリートに
ある『イスラ・ソルナ島』(Isla Sorna) の代表的なレストラン。ウィンストンズの料理の中心はパンローストチキンや
チリ産シーバスなどの肉や魚料理ですが、メニューには様々なサラダも用意されています。
メイン・ストリートの上端でイノベーションセンターの近くに位置し、店舗横には「ジュラシック・パークⅢ」('01) に
登場した大型恐竜『スピノサウルス』(Spinosaurus) の骨格レプリカが飾られています。

● ↓ 本画像はコチラの記事からの参照になります。
http://wave.ap.teacup.com/frontier/222.html

映画・アニメーション データファイル
http://www.mmjp.or.jp/gigas/movie/

(↓画像をクリックするとサイズが拡大されます)

 
 

『ウィンストンズ・ステーキハウス』(Winston’s Steakhouse) 画像1

 投稿者:映画・アニメーション データファイル  投稿日:2018年 8月19日(日)15時47分8秒
返信・引用 編集済
  『ウィンストンズ・ステーキハウス』(Winston’s Steakhouse) は「ジュラシック・ワールド」のメイン・ストリートに
ある『イスラ・ソルナ島』(Isla Sorna) の代表的なレストラン。ウィンストンズの料理の中心はパンローストチキンや
チリ産シーバスなどの肉や魚料理ですが、メニューには様々なサラダも用意されています。
メイン・ストリートの上端でイノベーションセンターの近くに位置し、店舗横には「ジュラシック・パークⅢ」('01) に
登場した大型恐竜『スピノサウルス』(Spinosaurus) の骨格レプリカが飾られています。

● ↓ 本画像はコチラの記事からの参照になります。
http://wave.ap.teacup.com/frontier/222.html

映画・アニメーション データファイル
http://www.mmjp.or.jp/gigas/movie/

(↓画像をクリックするとサイズが拡大されます)

 

スタン・ウィンストン版 『ゴジラ』(Godzilla) 画像

 投稿者:映画・アニメーション データファイル  投稿日:2018年 8月15日(水)11時55分9秒
返信・引用 編集済
  スタン・ウィンストンは1994年頃にヤン・デ・ボン監督のオファーにより、ハリウッド版「ゴジラ」第一弾になる予定だ
った怪獣デザイン数点を依頼され、内『ゴジラ』と敵怪獣の『グリフォン』は試作段階の造形まではスタン・ウィンス
トン・スタジオによって制作された。
残念ながらスタジオ側がデ・ボン監督の意向を受け入れ切れず映画自体の製作が中断。結局デ・ボン監督は降板する事と
なってしまい、スタン・ウィンストンがデザインした怪獣デザインも全てボツとなってしまった。
(映画の企画と脚本自体はトライスター・ピクチャーズで引き継がれ、ローランド・エメリッヒ監督作品として1998年に
公開されている)

● ↓ 本画像はコチラの記事からの参照になります。
http://wave.ap.teacup.com/frontier/222.html

映画・アニメーション データファイル
http://www.mmjp.or.jp/gigas/movie/

(↓画像をクリックするとサイズが拡大されます)

 

スタン・ウィンストン (Stan Winston) 画像

 投稿者:映画・アニメーション データファイル  投稿日:2018年 8月12日(日)18時46分57秒
返信・引用 編集済
  スタン・ウィンストン (Stan Winston) はアメリカ映画の特撮、特殊メイクアップを手掛けたSFXアーティスト。
生物を模したメカニックを使って撮影する技術=アニマトロニクスを得意とした。代表作に「エイリアン2」('86),
「プレデター」('87),「ターミネーター2」('91),「ジュラシック・パーク」シリーズ(1993~2001) 等々。
出身はアメリカ合衆国・ヴァージニア州アーリントン。ヴァージニア州立大学卒。ユダヤ系。

映画・アニメーション データファイル
http://www.mmjp.or.jp/gigas/movie/

(↓画像をクリックするとサイズが拡大されます)

 

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』 大公開記念SP!Ⅱ

 投稿者:映画・アニメーション データファイル  投稿日:2018年 8月 1日(水)11時42分40秒
返信・引用
  JWシリーズ最新作「ジュラシック・ワールド/炎の王国」公開を記念して、当サイトでは特集記事をUPしています。

今年はJP・一作目が公開されて25周年という区切りの年という事もあって、夏に各地でイベントがありますので、
大恐竜祭りのスタートとして記事をチェックして下さい(^^)。

● 此方の頁で記事をUPしています。↓
http://wave.ap.teacup.com/frontier/222.html
http://wave.ap.teacup.com/frontier/221.html
http://gold.ap.teacup.com/frontier/325.html
http://gold.ap.teacup.com/frontier/324.html
http://gold.ap.teacup.com/frontier/323.html

(↓画像をクリックするとサイズが拡大されます)

 

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』 公開記念SP

 投稿者:映画・アニメーション データファイル  投稿日:2018年 7月15日(日)11時42分2秒
返信・引用
  7月13日に新作「ジュラシック・ワールド/炎の王国」公開を記念して、当サイトでは特集記事をUPしています。

今年はJP・一作目が公開されて25周年という区切りの年という事もあって、夏に各地でイベントがありますので、
大恐竜祭りのスタートとして記事をチェックして下さい(^^)。

● 此方の頁で記事をUPしています。↓
http://wave.ap.teacup.com/frontier/221.html
http://gold.ap.teacup.com/frontier/325.html
http://gold.ap.teacup.com/frontier/324.html
http://gold.ap.teacup.com/frontier/323.html

(↓画像をクリックするとサイズが拡大されます)

 

フランス映画祭 2018 - 福岡 - 6月22日(金)から開催。

 投稿者:映画・アニメーション データファイル  投稿日:2018年 6月20日(水)21時05分43秒
返信・引用 編集済
  フランス映画の巨匠・ゴダール、トリュフォーらに愛された名女優・ナタリー・バイ (Nathalie Baye) さんをフランス映画祭
2018の団長とし、豪華な監督や俳優・女優が来日します。
↓ に貼った「常盤貴子」さんは今年のフェスティバル・ミューズに就任していて、21日(木)に横浜で行われるOPセレモ
ニーに来日スターと共に登壇します。

メインの開幕セレモニーを横浜の『横浜みなとみらいホール』から始め、6月22日(金)からは福岡(開幕:西鉄ホール)、
6月25日(月)からは京都(上映館:出町座&同志社大学・寒梅館 クローバーホール)でと、各地でフランス映画の新作を
劇場で観る機会が訪れます。

映画祭・団長のナタリー・バイさんは6月24日(日)に福岡・西鉄ホールで上映される『モカ色の車』と短編映画『トマ』の
後ゲストで登壇予定です。

≪上映スケジュールは以下の通り≫
(各URLをクリックして下さい)

● フランス映画祭 - 横浜 - 6月21日(木)から。↓
 【 http://green.ap.teacup.com/frontier/41.html

● フランス映画祭 - 福岡 - 6月22日(金)から。↓
 【 http://sun.ap.teacup.com/gigas/62.html

● フランス映画祭 - 京都 - 6月25日(月)から。↓
 【 http://sun.ap.teacup.com/gigas/63.html

■ 最新の記事はコチラでUPしています。↓
 【 http://wave.ap.teacup.com/frontier/220.html

(↓画像をクリックするとサイズが拡大されます)

 

『ラビリンス/魔王の迷宮』 (1986) 監督:ジム・ヘンソン

 投稿者:映画・アニメーション データファイル  投稿日:2018年 5月24日(木)11時04分6秒
返信・引用
  監督/ジム・ヘンソン
脚本/テリー・ジョーンズ
製作総指揮/ジョージ・ルーカス
制作/エリック・ラトリー
主演/ジェニファー・コネリー
   デヴィッド・ボウイ
音楽/トレヴァー・ジョーンズ
撮影/アレックス・トムソン
編集/ジョン・グローヴァー

製作/ルーカス・フィルム
配給/トライスター・ピクチャーズ

● 此方の頁で記事をUPしています。↓
http://news.ap.teacup.com/ranking/27.html

(↓画像をクリックするとサイズが拡大されます)

 

『アウタースペースメン』 (OUTER SPACE MEN) シリーズ 2

 投稿者:映画・アニメーション データファイル  投稿日:2018年 5月 4日(金)21時48分15秒
返信・引用 編集済
  『アウタースペースメン』(OUTER SPACE MEN) シリーズ。

『Colorform Aliens』とも呼ばれる『Outer Space Men』シリーズは、1968年にColorforms Companyによって制作
された7人の『ベンディー』アクション・フィギュアで、玩具の発明者Mel Birnkrantによって設計されました。
3.5インチから7インチまでの曲げ可能なアクション・フィギュアは『アコーディオン』ジョイントを備えた上に
塗装されています。

それぞれのキャラクターは、太陽系内の惑星からの地球外の存在、そして私たちの銀河の様々な場所を表してい
ます。

画像は天王星の男『オービトロン』デザインの基になった1955年制作の映画「宇宙水爆戦」(THIS ISLAND EARTH)
に登場するメタルーナ・ミュータント。


● 此方の頁で記事をUPしています。↓
http://news.ap.teacup.com/ranking/27.html

(↓画像をクリックするとサイズが拡大されます)

 

『アウタースペースメン』 (OUTER SPACE MEN) シリーズ 1

 投稿者:映画・アニメーション データファイル  投稿日:2018年 5月 4日(金)21時31分11秒
返信・引用 編集済
  『アウタースペースメン』(OUTER SPACE MEN) シリーズ。

『Colorform Aliens』とも呼ばれる『Outer Space Men』シリーズは、1968年にColorforms Companyによって制作
された7人の『ベンディー』アクション・フィギュアで、玩具の発明者Mel Birnkrantによって設計されました。
3.5インチから7インチまでの曲げ可能なアクション・フィギュアは『アコーディオン』ジョイントを備えた上に
塗装されています。

それぞれのキャラクターは、太陽系内の惑星からの地球外の存在、そして私たちの銀河の様々な場所を表してい
ます。

画像はネプチューンの男『アストロ・ノーチラス』デザインの基になった1961年制作の映画「SF巨大生物の島」
(MYSTERIOUS ISLAND) に登場する超・巨大ダコ。


● 此方の頁で記事をUPしています。↓
http://news.ap.teacup.com/ranking/27.html

(↓画像をクリックするとサイズが拡大されます)

 

『冥王星から来た宇宙人』 (SPACE MAN FROM PLUTO) 資料

 投稿者:映画・アニメーション データファイル  投稿日:2018年 5月 4日(金)19時14分22秒
返信・引用 編集済
  『冥王星から来た宇宙人』(SPACE MAN FROM PLUTO) 資料

*フォトの人物はスティーヴン・スピルバーグ (Steven Spielberg) 監督とシド・シャインバーグ
(Sidney Sheinberg) 当時のユニバーサルの親会社である当時のMCA社長兼CEO。

● 此方の頁で記事をUPしています。↓
http://news.ap.teacup.com/ranking/27.html

(↓画像をクリックするとサイズが拡大されます)

 

惑星Xから来た男 (遊星Xから来た男) (1951) 2

 投稿者:映画・アニメーション データファイル  投稿日:2018年 5月 3日(木)19時17分18秒
返信・引用 編集済
  1951年・アメリカ映画『惑星Xから来た男 (遊星Xから来た男)』
(THE MAN FROM PLANET X)

監督:エドガー・G・ウルマー (Edgar G. Ulmer)
製作:ジャック・ポレックスフェン (Jack Pollexfen)
   オーブリー・ウィスバーグ (Aubrey Wisberg)
脚本:オーブリー・ウィスバーグ (Aubrey Wisberg)
   ジャック・ポレックスフェン (Jack Pollexfen)
撮影:ジョン・L・ラッセル (John L. Russel)
音楽:チャールズ・コフ (Charles Koff)

出演:ロバート・クラーク (Robert Clarke), マーガレット・フィールド (Margaret Field)
ウィリアム・シャラート (William Schallert), レイモンド・ボンド (Raymond Bond)

● 此方の頁で記事をUPしています。↓
http://news.ap.teacup.com/ranking/27.html

(↓画像をクリックするとサイズが拡大されます)

 

惑星Xから来た男 (遊星Xから来た男) (1951) 1

 投稿者:映画・アニメーション データファイル  投稿日:2018年 4月30日(月)22時58分39秒
返信・引用 編集済
  1951年・アメリカ映画『惑星Xから来た男 (遊星Xから来た男)』
(THE MAN FROM PLANET X)

監督:エドガー・G・ウルマー (Edgar G. Ulmer)
製作:ジャック・ポレックスフェン (Jack Pollexfen)
   オーブリー・ウィスバーグ (Aubrey Wisberg)
脚本:オーブリー・ウィスバーグ (Aubrey Wisberg)
   ジャック・ポレックスフェン (Jack Pollexfen)
撮影:ジョン・L・ラッセル (John L. Russel)
音楽:チャールズ・コフ (Charles Koff)

出演:ロバート・クラーク (Robert Clarke), マーガレット・フィールド (Margaret Field)
ウィリアム・シャラート (William Schallert), レイモンド・ボンド (Raymond Bond)

● 此方の頁で記事をUPしています。↓
http://news.ap.teacup.com/ranking/27.html

(↓画像をクリックするとサイズが拡大されます)

 

エレクトーン+, 冥王星からの男 (アウタースペースメン) 2

 投稿者:映画・アニメーション データファイル  投稿日:2018年 4月30日(月)22時34分53秒
返信・引用 編集済
  冥王星からの男(アウタースペースメン)
(Electron+, the Man from Pluto)

『Colorform Aliens』とも呼ばれる『Outer Space Men』シリーズは、1968年にColorforms Companyによって制作
された7人の『ベンディー』アクション・フィギュアで、玩具の発明者Mel Birnkrantによって設計されました。
3.5インチから7インチまでの曲げ可能なアクション・フィギュアは『アコーディオン』ジョイントを備えた上に
塗装されています。

それぞれのキャラクターは、太陽系内の惑星からの地球外の存在、そして私たちの銀河の様々な場所を表してい
ます。

● 此方の頁で記事をUPしています。↓
http://news.ap.teacup.com/ranking/27.html

(↓画像をクリックするとサイズが拡大されます)

 

エレクトーン+, 冥王星からの男 (アウタースペースメン) 1

 投稿者:映画・アニメーション データファイル  投稿日:2018年 4月30日(月)22時26分23秒
返信・引用 編集済
  冥王星からの男(アウタースペースメン)
(Electron+, the Man from Pluto)

『Colorform Aliens』とも呼ばれる『Outer Space Men』シリーズは、1968年にColorforms Companyによって制作
された7人の『ベンディー』アクション・フィギュアで、玩具の発明者Mel Birnkrantによって設計されました。
3.5インチから7インチまでの曲げ可能なアクション・フィギュアは『アコーディオン』ジョイントを備えた上に
塗装されています。

それぞれのキャラクターは、太陽系内の惑星からの地球外の存在、そして私たちの銀河の様々な場所を表してい
ます。

● 此方の頁で記事をUPしています。↓
http://news.ap.teacup.com/ranking/27.html

(↓画像をクリックするとサイズが拡大されます)

 

スピルバーグ13年ぶりの来日!映画 『レディ・プレイヤー1』 特集4

 投稿者:映画・アニメーション データファイル  投稿日:2018年 4月27日(金)18時32分0秒
返信・引用
  日本では4月20日(金)から公開されたスピルバーグ最新作「レディ・プレイヤー1」のテーマはVR!。

舞台は2045年。仮想空間《オアシス》の開発者が『イースター・エッグを探し当てた者に遺産を譲る』という遺言を
残し亡くなった事で、壮大なストーリーが動き出します。

メッセージを見た孤独な青年ウェイドは、全人類が探すオアシスの秘密をめぐり仮想空間で冒険を繰り広げる。

ゲーム内は様々な作品の様々なキャラクターが登場するので、目で追うだけでも大変。その数があまりに多過ぎて、
一度観た位では把握し切れない筈だ。

全米では既に公開されており、過去10年のスピルバーグ監督作でNo.1のオープニング記録&初登場1位を獲得。
世界各国でも大ヒットを記録し、熱狂の渦を巻き起こしている。



当サイトでは「レディ・プレイヤー1」のプロモーションで13年ぶりに来日したスティーブン・スピルバーグ監督
を祝し、スピルバーグ映画特集を行っています。

● 此方の頁で記事をUPしています。↓
http://news.ap.teacup.com/ranking/27.html

(↓画像をクリックするとサイズが拡大されます)

 

スピルバーグ13年ぶりの来日!映画 『レディ・プレイヤー1』 特集3

 投稿者:映画・アニメーション データファイル  投稿日:2018年 4月27日(金)18時27分30秒
返信・引用
  日本では4月20日(金)から公開されたスピルバーグ最新作「レディ・プレイヤー1」のテーマはVR!。

舞台は2045年。仮想空間《オアシス》の開発者が『イースター・エッグを探し当てた者に遺産を譲る』という遺言を
残し亡くなった事で、壮大なストーリーが動き出します。

メッセージを見た孤独な青年ウェイドは、全人類が探すオアシスの秘密をめぐり仮想空間で冒険を繰り広げる。

ゲーム内は様々な作品の様々なキャラクターが登場するので、目で追うだけでも大変。その数があまりに多過ぎて、
一度観た位では把握し切れない筈だ。

全米では既に公開されており、過去10年のスピルバーグ監督作でNo.1のオープニング記録&初登場1位を獲得。
世界各国でも大ヒットを記録し、熱狂の渦を巻き起こしている。



当サイトでは「レディ・プレイヤー1」のプロモーションで13年ぶりに来日したスティーブン・スピルバーグ監督
を祝し、スピルバーグ映画特集を行っています。

● 此方の頁で記事をUPしています。↓
http://news.ap.teacup.com/ranking/27.html

(↓画像をクリックするとサイズが拡大されます)

 

スピルバーグ13年ぶりの来日!映画 『レディ・プレイヤー1』 特集2

 投稿者:映画・アニメーション データファイル  投稿日:2018年 4月27日(金)18時23分21秒
返信・引用
  日本では4月20日(金)から公開されたスピルバーグ最新作「レディ・プレイヤー1」のテーマはVR!。

舞台は2045年。仮想空間《オアシス》の開発者が『イースター・エッグを探し当てた者に遺産を譲る』という遺言を
残し亡くなった事で、壮大なストーリーが動き出します。

メッセージを見た孤独な青年ウェイドは、全人類が探すオアシスの秘密をめぐり仮想空間で冒険を繰り広げる。

ゲーム内は様々な作品の様々なキャラクターが登場するので、目で追うだけでも大変。その数があまりに多過ぎて、
一度観た位では把握し切れない筈だ。

全米では既に公開されており、過去10年のスピルバーグ監督作でNo.1のオープニング記録&初登場1位を獲得。
世界各国でも大ヒットを記録し、熱狂の渦を巻き起こしている。



当サイトでは「レディ・プレイヤー1」のプロモーションで13年ぶりに来日したスティーブン・スピルバーグ監督
を祝し、スピルバーグ映画特集を行っています。

● 此方の頁で記事をUPしています。↓
http://news.ap.teacup.com/ranking/27.html

(↓画像をクリックするとサイズが拡大されます)

 

スピルバーグ13年ぶりの来日!映画 『レディ・プレイヤー1』 特集1

 投稿者:映画・アニメーション データファイル  投稿日:2018年 4月27日(金)18時19分36秒
返信・引用 編集済
  日本では4月20日(金)から公開されたスピルバーグ最新作「レディ・プレイヤー1」のテーマはVR!。

舞台は2045年。仮想空間《オアシス》の開発者が『イースター・エッグを探し当てた者に遺産を譲る』という遺言を
残し亡くなった事で、壮大なストーリーが動き出します。

メッセージを見た孤独な青年ウェイドは、全人類が探すオアシスの秘密をめぐり仮想空間で冒険を繰り広げる。

ゲーム内は様々な作品の様々なキャラクターが登場するので、目で追うだけでも大変。その数があまりに多過ぎて、
一度観た位では把握し切れない筈だ。

全米では既に公開されており、過去10年のスピルバーグ監督作でNo.1のオープニング記録&初登場1位を獲得。
世界各国でも大ヒットを記録し、熱狂の渦を巻き起こしている。



当サイトでは「レディ・プレイヤー1」のプロモーションで13年ぶりに来日したスティーブン・スピルバーグ監督
を祝し、スピルバーグ映画特集を行っています。

● 此方の頁で記事をUPしています。↓
http://news.ap.teacup.com/ranking/27.html

(↓画像をクリックするとサイズが拡大されます)

 

『激突』 (1971) 監督:スティーヴン・スピルバーグ

 投稿者:映画・アニメーション データファイル  投稿日:2018年 2月 1日(木)22時22分15秒
返信・引用 編集済
  監督/スティーヴン・スピルバーグ
脚本/リチャード・マシスン
原作/リチャード・マシスン
制作/ジョージ・エクスタイン
出演者/デニス・ウィーバー
音楽/ビリー・ゴールデンバーグ
撮影/ジャック・A・マータ
編集/フランク・モリス

配給/ユニバーサル・ピクチャーズ




 

レンタル掲示板
/3