故・延藤安弘先生を偲んで



カテゴリ:[ 子供/学校/教育 ]


新着順:3/32


[32] 故延藤安弘先生を偲んで

投稿者: 岩井昭洋 投稿日:2018年 4月21日(土)18時04分59秒 ntaich253170.aich.nt.adsl.ppp.infoweb.ne.jp  通報   返信・引用

サムライ事件
うららかな春の日、薄原でタケノコ掘が催された。もちろんこれもHOPE 計画の一つ。参加者は延藤先生、策定委員の先生方や県の人、そして地元の「なごみどもやい住まいづくり研究会」のメンバーの管cUo
革靴をナガグツに履き替えて慣れない竹山の急斜面をそれぞれ登ってゆく。上にいくと足元のあちこちに先 の黄色いタケノコが地面から顔をだしている。先生はナガグリに軍手、それと手にはヤマガ。いつもと違ううきうき した表情で楽しんでいる様子。先生は首に掛けていたカメラが邪魔になったのか近くにいた私に「これ預かっと いて」と渡された。いや渡されるはずであったが、なんとカメラは私の手からをするりと落ちて・・・コロコロと竹林の 斜面を転げ落ちていくのだった。「あっ!どげんしよっか!」と私は心の中で叫びつつ、転げ落ちていくカメラを 追った。ようやく手にしたカメラは泥だらけ、泥を払ってもカメラにはキズがついている。
私は不安な気持ちで「すみません」とカメラを先生に手渡したところ、先生は優しく微笑んで私に「大丈夫だ よ、これはサムライだから!」と言ってくれました。先生の大事にしている買ったばかりのカメラだったのに、先生の 心遣いを今でも覚えています。
でもこれには続きがあって、のちのちのもやい館であった先生の幻燈講演会の一つのネタになっていて、先 生もずっと覚えていてくれたんだーとうれしくなりました。

やっぱり幻燈会
延藤先生と言えば幻燈(スライド映写)。講演はいつも幻燈でした。最初は1台、でも水俣に来て2台に。私 の担当はいつも映写機係でした。講演テーマは「こんな町に住みたいなあ」。まるで無声映画の活弁士のよう な滑らかな関西弁はユーモアで心地よくて、何でこんな風に巧みに言葉を操れるのだろうと感じつつ、いつの間 にか先生の話に夢中になっていました。
そして、スライドの片隅にいつもネコが映っていました。三毛猫に黒い猫、白い猫。そういえば絵地図コンク ールで子ども達が描いた絵には、ヒトの暮らしや住まいの中にネコやイヌ、ニワトリもたくさん登場していました。
そんな幻燈会で印象に残っている先生の言葉に「継続は力なり」、もう一つは「どう折り合いをつけるか」。 そのほかにも先生からはいろんなことを学びました。

いろんな思い出
先生には HOPE 計画に始まり、もやい館づくり・おれんじ館づくり、袋小学校づくり、阪神大震災復興支援 コンサート、水俣エコハウスづくりに協力いただいが、先生が主催するまちづくりにも水俣から積極的に参加して いた。一つは住み手が共同組合方式で敷地を購入して建設する集合住宅コーポラティブハウス、完成の日 はなごもやのメンバーの皆さんと一緒にMポート(熊本市)へ出向き一緒に祝ったことを覚えています。敷地に 植えてもらおうと皆で「実のなる木(ザクロ)」をプレゼントしました。
また、先生が日本建築学会賞を受賞された時も受賞会場(熊本市)へ出向き、お祝いしました。授賞式を 盛り上げようと会場入りロに飾る竹や薦などを水俣から持参し飾ったことを覚えています。先生も大変喜んでも らいました。このとき上映されたスライドでは先生の学生時代の学生服姿やバスケットを楽しんでいる写真がでて きて私たちが知らない先生の一面を垣間見ることが出来ました。
人は去っても言葉は残ります。
先生から学んだこと、発せられた言葉は私の心に残っています。 ありがとうございました。天国でもまちづくりの幻燈会をしているようなそんな気がします。

平成30年4月 20日 岩井昭洋


新着順:3/32


お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.