故・延藤安弘先生を偲んで



カテゴリ:[ 子供/学校/教育 ]


新着順:12/31


[20] スイミーのような先生

投稿者: 竹内孝治 投稿日:2018年 2月21日(水)23時27分33秒 softbank126027000110.bbtec.net  通報   返信・引用   編集済

1.縁をいただいて
 2018年の年明け、にわかに延藤先生からメッセージが届きました。「今年もよろしくお願いします!ところで、1月18日、19時からの「おいしい幻燈会」ご参加くださると嬉しいです」。文末にはカワイイ絵文字が。随分とお会いできてないので久々に幻燈会を満喫させていただこうと意を決し、アウェイ感あふれる会場に赴きました。
 不思議なご縁で、延藤先生はまちづくりに全く接点がないわたしに寛大にも二度、ご著書の書評を執筆する機会を与えてくださいました。そのキッカケは8年も前に書きちらした「折口信夫『類化性能』概念からみた延藤安弘『まち育て』論の論理構造」(2010)という文章をお目にかけたこと。存命中の先生を研究対象にした甚だ失礼な内容だったのに、先生は(あの)笑顔で喜んでくださいました。それから後、『まち再生の術語集』(2013)の書評では今和次郎と延藤先生、『こんなまちに住みたいナ』(2015)では絹谷祐規と延藤先生をそれぞれ「~のような」で結ぶお話しを書き上げると、先生はその都度おしみなく感謝と激励のメッセージをくださいました。
 そんな先生とも愛知産業大学大学院での最終講義以来。かれこれ5年ぶりにお会いする機会が「おいしい幻燈会」でした。

2.どうあるべきか
 久々の「幻燈会」。当日のメニューはレオ・レオニの名作絵本『スイミー』。小学生のとき教科書で読んだ以来です。小魚たちが力をあわせて大きな魚に立ち向かう姿は、困難な状況を皆で乗り越えるための「自分の持ち場」を気づかせてくれる素敵な物語り。この絵本を物語りの枕にして「ブルガリアのマチ・ヒト・コト」の世界に赴き、分断と憎悪が渦巻く現代社会に豊かさを取り戻す道筋がどうあるべきかを探る濃厚な3時間でした。
 ただ(というかやはり)、「幻燈会」やその後の意見交換の内容は誤読を促す側面がいくつか見られました。それは「対比」軸が「対立」軸と受け取られるということ。小魚たちと大きな魚は「対立」するのではない(でも「対立」という誤読すらも大いに許容するのが延藤マジックなのですが)。『スイミー』を弱者の協働による勧善懲悪ストーリーにしてしまうと、延藤流「皆が前向きに勘違いできる仕組み」の力は半減してしまいます。
 その典型的な例が「モノ・カネ・セイドからヒト・クラシ・イノチへ」でしょう。後者は前者を否定しない。AからBへ、ではなく、AもありつつのBへ。言葉を加えるならば「モノ・カネ・セイド(という手段が目的化した状況)からヒト・クラシ・イノチ(という生きる目的を大切にした社会)へ」となるでしょう。だって京大巽研助手だった延藤先生ご自身が「モノ・カネ・セイド」に疎いはずがない。むしろ当然に身に着けている基礎教養だったゆえにわざわざ語らなかったというのが実情だろうと思います。それこそ、あの伝説の「杓子定規」を投げ捨てた京都嵐山のエピソードが象徴的。役所の職員たちはちゃんと定規(職場の備品)を持って、途中で杓子も買い込んで話し合いに向かい、終了後は杓子定規を丁寧に仕舞ったのだから。

3.安らかにご活躍を
 「おいしい幻燈会」から間もない2018年2月8日、延藤先生は天国に召されました。享年78歳。たまたまお誘いいただき参加した1月18日の「おいしい幻燈会」がまさか最後の幻燈会になるとは思いもよりませんでした。幻燈会当日、先生はいつも楽しみにしているお手製のアンケート用紙を事務所に置き忘れてきたということで、久々に体験した幻燈会の感想を後日Facebookにまとめました。先生にその旨ご報告のメッセージを送りましたが、もうそのメッセージは開封されることはありませんでした。
 いま思うと、最後の幻燈会でとりあげられた絵本が『スイミー』だったのはとても意味深です。絵本に出てくるスイミーは、困難な状況におびえ立ちすくんでいる仲間たちに、そんな困難を乗り越え、豊かに生きるための「自分の持ち場」を気づかせてくれる存在でした。そんな頼もしいスイミーも、物語冒頭で多くの仲間を失う経験をしています。そういえば、延藤先生が西山夘三への師事を心に決めた運命の本、『これからのすまい-住様式の話-』(1947)も、冒頭いきなり「住宅の戦災比率図」から始まる内容でした。先生は1940年大阪生まれ。多感な幼少期に目にした焦土の大阪は、スイミーが直面した困難と重なります。
 そして、「ぼくが目になろう!」というスイミーの決意は、自分こそが心のなかのイメージを形にできる芸術家なのだという、作者レオ・レオニ自身の矜持でもあったと同時に、カメラをもってヒト・クラシ・イノチの渦から物語りを汲み(酌み)取り、それを表現することで皆にそれぞれの「自分の持ち場=自分らしい生き方」の気づきを与え続けた延藤先生自身の矜持でもあったのだと思います。スイミーのような延藤先生に導かれ、数え切れない人たちが岩陰から出て泳ぐ素晴らしさを知ることができました。先生、どうぞ安らかにおやすみください。いや、先生におやすみは似合わないか。安らかにご活躍ください。

4.広がりはエンド(ウ)レスに
 延藤先生が旅立たれ、わたしたちはスイミーの「目」を失ったのでしょうか。言うまでもなくそれは否でしょう。だって、私たちはもうことあるごとに、「必死のパッチ」だとか「タンケン・ハッケン・ホットケン」だとか口にしてしまいますし、文章が箇条書きされていると条件反射的に頭韻要約したくなります。恐るべし、延藤術語集の世界。そう思うと延藤先生はみんなの「目」としていまも生きているし、それこそが究極の「相互浸透」の実践なのかもしれません。実際、Facebook上で延藤先生がご本人じゃないのにタグ付け投稿されていてクスッと笑うことがたびたび。居るはずもない場所で、明らかにご本人じゃないのに、なぜか「〇〇さんは延藤安弘さんと一緒です」と投稿される。
 こうして延藤先生のまち育ては、いろんな人がいろんな思いで前向きに勘違いしながら回転していく終わりなき円環構造。これまた延藤先生が愛された絵本『ちいさいおうち』で象徴的に描かれるように、それはOpen-EndoかつEndo-less。最後の幻燈会で先生からいただいた「ぼくが目になろう!」のメッセージを胸に、わたしも「自分の持ち場」で豊かに生きていきます。先生どうもありがとうございました。


新着順:12/31


お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.