teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

【重要】teacup. byGMOのサービス終了について
 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


ヒゲナガ蛾

 投稿者:オタピ  投稿日:2022年 5月19日(木)15時27分30秒
返信・引用
  古代エジプト展に置いてありそうな蛾を家の近くでみつけました。ヒゲナガ蛾の種類のようです。ヤマキヒゲナガでもウスベニヒゲナガでもないようですがお詳しい方がいらっしゃれば教えて下さい。
 
 

すみません...キンケトラカミキリでした。

 投稿者:オタピ  投稿日:2022年 5月12日(木)16時08分14秒
返信・引用
  先ほどのタケトラカミキリですがキンケトラカミキリみたいです。(お尻の模様が違います。)また失敗をしてしまいました。すみません...勉強不足です。間違いがありましたらまた教えて下さい。  

タケトラカミキリ

 投稿者:オタピ  投稿日:2022年 5月12日(木)15時56分51秒
返信・引用
  続けての投稿失礼いたします。佐渡のタケトラカミキリです。昨日家の近くを飛んでいました。綺麗なトラ模様です。(今年は虎年ですね~)
 

クチキクシヒゲムシ

 投稿者:オタピ  投稿日:2022年 5月10日(火)15時20分35秒
返信・引用
  shijimiya様 藪蛇にならないよう今後気をつけます...
また蛇で終わるのは本意ではないのでクチキクシヒゲムシ♂が掌に遊びに来ました。(池ポチャしていたのを拾いました。)亜種もいるようですが佐渡のはどうなんでしょう。セミにも寄生するとか生態も気になりますね~小さいながら立派なヒゲが素敵です!
 

ツチハンミョウのことなど

 投稿者:shijimiya  投稿日:2022年 5月 9日(月)20時22分8秒
返信・引用
   ツチハンミョウは60年前、小学校の図書室で借りた「ファーブル昆虫記」で読んで、複雑な生態に引き込まれたものです。今はハンミョウ、カミキリを少し採るだけですが、甲虫や蛾はこの歳ではまると収拾がつかないので、深入りせぬようにしています。
「月刊むし」の記事は「2021年の蝶界」でしょうか。虫の世界は「蛇の道は蛇」なのです。
いろいろ興味が尽きないのは素晴らしいことです。ツマグロヒョウモンがどんな形で越冬しているのか是非観察してください。
 

不思議な事

 投稿者:オタピ  投稿日:2022年 5月 9日(月)14時44分47秒
返信・引用
  続けてですみません。虫の掲示板でコウモリの質問はバット(ド)なクエスチョンでしたかね~でも初めて近くでみた極小コウモリはまるでリュウキュウムラサキのようでした。不思議です。
不思議な事とと言えば春になって沢山虫が出てきたけど知識がほぼないのでなにか本でも買って勉強しようと思い、ベタですがむし社様の「月刊むし」をネットで初めて購入してみました。
何の気なしに呼んでいると偶然私の名前が載っていて腰抜かしそうになりました。こちらの掲示板のおかげだと本当に感謝しています。(リュウキュウネタこれで最後にします。)

蝶の観察も毎日続けています。見つけた虫も名前を調べることにしました。もっと虫の事、勉強せねば。

先日は近くの山で羽化したての真っ赤で大きなヨコヅナサシガメみました。佐渡にも普通に入ってきているんですね...
また家の裏のニョイスミレの湿原で昨年みたツマグロヒョウモンは確実に越冬しているようでどういう形態で越冬しているのか積雪の関係など調べてみたいと思っています。
蝶の卵を探していたらダンスをしているミバエを何種がみました~翅が美しくカワイイダンスにすっかりハマっています。(ミバエお詳しい人いませんか?)
ツチハンミョウもよく食用菊に幼虫が沢山ついているのですが他にどんな花に幼虫が潜んでいるのか探してみたいと思っています。
この夏熱中症にならないよう過ごします(笑)
 

Re: マルクビツチハンミョウ

 投稿者:オタピ  投稿日:2022年 5月 1日(日)10時49分58秒
返信・引用
  回答にはなっていませんが15年以上前からマルクビは庭にいます。南部はマルクビのほうがよく見かける気がしますが、ちゃんと調べていないので気にかけてみます。(先日蓮華峰寺ではマルクビが駐車場を歩いていました。)佐渡はハナバチの分布も北と南で違うので寄生主の違いもあるのかもしれません。それも意識してみますね。
虫のことではないのでいつかお会いした時に伺おうと思っていたのですが1年以上前の昨年3月末に庭のソーラーライトにウスタビガのようなものが舞っていて「もう蛾が出ているのか~」と見にいったらとても小さなコウモリでした。それもパニックになったのか私の掌に...カ、カワイイーと思いましたが家猫達も大騒ぎで、すぐ空に飛ばしてあげました。何というコウモリだったのでしょうか?その後、リュウキュウムラサキも見つけるしコウモリは吉兆(蝶)な動物だと勝手に思っています。コウモリにお詳しいとのことで教えていただけると嬉しいです。回答でなく逆に虫でもない質問してしまいすみません。
 

マルクビツチハンミョウ

 投稿者:N.S(佐渡在住)  投稿日:2022年 4月29日(金)18時15分12秒
返信・引用
  蝶以外の佐渡の虫も少し写真を撮っておこうということでツチハンミョウを探していたところマルクビツチハンミョウを見つけました。
佐渡で見かけるツチハンミョウはたいていヒメで、たまにマルクビがいることは知っていたので特に驚きはしませんでしたが、自宅に帰って手持ちの図鑑やネットで調べたら、マルクビの分布に佐渡というのが出てきません。
当たり前にいるものだと思っていましたが、もしかしたら佐渡にマルクビツチハンミョウの記録がないということでしょうかね?
どなたかお分かりになりませんか?
 

ヤマトシジミ

 投稿者:オタピ  投稿日:2022年 4月25日(月)10時21分27秒
返信・引用
  連続投稿失礼します。(私ばっかりになってるかなぁ~)今朝畑で草刈りしていたらちょっと翅がベージュがかったシジミチョウがいるのでまさかと思いドキドキしましたが普通のヤマトシジミでした~(いつもレベルが低くてスミマセン...)。急に暑くなりトンボなども沢山出てきましたね!
 

Re: ベニシジミ

 投稿者:オタピ  投稿日:2022年 4月24日(日)22時24分55秒
返信・引用
  > No.114[元記事へ]

>  ルリシジミの腹はよくわかりませんが、羽化の際、蛹内部に腹部の一部が張り付き、表面の毛などが抜けたのかもしれません。そんなようなものを他のチョウで見たような気もします(想像です)。
>  本土では減っているミヤマセセリはどんな具合ですか?佐渡では減っていないとのことですが。山道で見つけてください。

いつもありがとうございます。フワフワの毛が抜けると黒くなるんですね。暖かくなると色々トラブルもあり翅がクシャクシャのや翅に妙な黒い大きなシミがあるルリシジミがみられました。

ミヤマセセリは全然ノーマークでここら辺ではみたことがありません。今日は我が家より少し標高の高い虎丸山と梨の木地蔵に用事があり行ってきましたがミヤマセセリは見つけられませんでした。梨の木地蔵の近くで初めてツマキチョウ♀みました。あまり先入観を入れないで出掛けるのですが帰ってからN.S様の蝶の記録をみたらやはりこの近くでツマキチョウ観察されており今年も種が受け継がれているなと嬉しくなりました。コツバメやミヤマセセリ、ツマキチョウなど年に一度だけ現れる蝶は覚えておいて来年は早めに気にしていきたいです。

アゲハ蝶なども出てきましたが同定難しそうです...まぁ楽しみながら頑張ります!
 

レンタル掲示板
/13