映画andドラマファンのみなさん、楽しく話しましょう

洋画や邦画、日本のドラマ・海外ドラマ、新作・旧作を問いません。好きな人たちが集まって楽しく話しましょう。 映画の観客動員ランキング、初日満足度、レンタルランキングとこれからのレンタル予定作品のご案内、ドラマ視聴率や予告編などなど、データも載せていきます。ハロウィン画像の人気投票などの企画もやりますよ。 他の人が好きな映画やドラマを、理由なく否定するのは禁止です。


カテゴリ:[ 映画 ]


4064件の内、新着の記事から20件ずつ表示します。


[4870] 三吉ちゃんは今後、女優=音楽??

投稿者: rainy blues  投稿日:2019年 8月23日(金)23時04分42秒   通報   返信・引用

ダンスウィズミーを観てきました...。
三吉ちゃんは..今後..さくらMETALの卒業生として音楽活動を再び??

ミュージシャン/アイドルと女優としての活躍の三吉彩花..「女版..福山雅治か星野源を目指すのかな??」
さくら学院のCD持ってます!!三吉彩花のソロ曲も話題ですよね..。



[4869] Re: ロケットマン

投稿者: カミュ 投稿日:2019年 8月23日(金)22時08分44秒   通報   返信・引用 > No.4867[元記事へ]

> 挿入歌をほとんど知っていたのが、楽しめた一つの要因かもしれません。
> ストーリー的にも、成功の裏の孤独や悲しみに、心を打たれました。

ぎ~さん早いですね観るのが、私も早く観たいです(*^^*)



[4868] イット・アワーズ

投稿者: カミュ 投稿日:2019年 8月23日(金)22時02分33秒   通報   返信・引用

「イット・アワーズ」は2018年のアメリカ製ホラー映画。もともとはテレビ映画だった作品。監督は「スクリーム・ガールズ 最後の絶叫」のニック・サイモン。主演のマニーを演じたのは「ジグソウ:レガシー」のマンデラ・バン・ピーブルズ。

今回のイット・アワーズは、イットフォローズとは似ても似つかないです。どちらかと言うとサム・ライミのスペルに近い。襲ってくるときもサム・ライミ風です。というか、本来は「エクソシストみたいな奴VSアダルマ」というクライマックスが存在したのだが、尺の都合か何かで丸ごとカットしてしまったんじゃないかなという気がします。
一番重要なところを全カット。この想像が本当だとしたらかなりの珍作ですね。オススメは出来かねる作品ですが、観てしまった人はその辺をどう感じたのか聞いてみたいところです。
またしても面白くないホラー映画を観てしまいました( ノД`)シクシク…

因果応報サプライズ・ホラー!/映画『イット・アワーズ』DVD予告編

https://youtu.be/f3BaxyZwu50



[4867] ロケットマン

投稿者: ぎ~ 投稿日:2019年 8月23日(金)21時53分1秒   通報   返信・引用

「ロケットマン」観ました。

エルトン・ジョンの半生を描いたミュージカルです。
「ダニエル」や「グッバイ・イエロー・ブリック・ロード」などをリアタイで聴いていたので、公開を知ってからずっと楽しみにしてました。
挿入歌をほとんど知っていたのが、楽しめた一つの要因かもしれません。
ストーリー的にも、成功の裏の孤独や悲しみに、心を打たれました。
先週鑑賞した「ダンスウィズミー」よりもミュージカルっぽい印象です。
(「ダンスウィズミー」はどちらかと言うとロードムービーかな)
同じく、今日が初日の「おっさんずラブ」のようなシーンもありましたが、エルトンの物語なので、あくまでも予想されていたことです。
たぶん「ボヘミアンラプソディー」と比較されるでしょうが、どちらもアリでしょう。

https://youtu.be/oQ_F3MMLArY

エラーでつながらなかったけど、やっとつながったのでしょうか?



[4866] まだみたい

投稿者: cooh 投稿日:2019年 8月23日(金)21時50分56秒   通報   返信・引用

とりあえずコメントは載せれるけど、画像がダメだったり背景が消えて味気ない一色になってたり、まだシステム障害は残ってるみたいなんで、これだけ載せて回復を待ちます(・・)

きのうのドラマ視聴率です

科捜研の女season19  ↑  10,8%
サイン   ↓  9,9%
ルパンの娘  ↑  6,7%
なつぞら  ↑  20,5%

夏ドラマでいちばん視聴率の上下動が激しい「サイン」。1話から6話まで、2けた→1けた→2けた→1けたを繰り返しています。ドラマの内容と同じく、ですね(^.^)
クランクアップした「なつぞら」。こちらは4日ぶりに20%台に復帰しました。



[4865] Re: テスト

投稿者: カミュ 投稿日:2019年 8月23日(金)21時40分34秒   通報   返信・引用 > No.4864[元記事へ]

みたいですね^^。



[4864] テスト

投稿者: cooh 投稿日:2019年 8月23日(金)21時38分28秒   通報   返信・引用

システム障害は終わったか  ( ´・・)ノ?



[4863] Re: 選んだのを後悔した映画

投稿者: cooh 投稿日:2019年 8月22日(木)21時10分33秒   通報   返信・引用

> 自分は「アバター」ですかね。

あー、この映画から3D映画が上映されるようになったんやね。このころテレビも3D3Dとコマーシャルしてました。
まあ映画の方は映像は美しかったけど、脚本は「タイタニック」と比べると、ね。
観客動員は超えたけど、現在の評価は「タイタニック」が上でしょ。



[4861] Re: 選んだのを後悔した映画

投稿者: stuwart 投稿日:2019年 8月22日(木)20時46分36秒   通報   返信・引用

コンチハー
自分は「アバター」ですかね。
当時あの「タイタニック」を超えた!て言うから見に行ったけど、自分はぜんぜんでした。
3Dで見たらまだよかったかも、ですけど話がつまらなかったスねー



[4860] Re: 選んだのを後悔した映画

投稿者: cooh 投稿日:2019年 8月22日(木)20時35分49秒   通報   返信・引用   編集済

> >確かに評価している方には申し訳ありませんが、全然胸に刺さりませんでした((+_+))

舞台が近未来という映画は人気作の「マトリックス」はじめ、たくさんあるんですが、近未来だからなんでもできて・なんでもありで収集がつかなくなる映画もよく見ます。
ラストは結局なにが言いたかったの?というのも多い……
( ̄▽ ̄;)

この「ゲド戦記」も舞台がそうだったような。たぶん今見ても僕にはよくわからんです。



[4859] Re: 選んだのを後悔した映画

投稿者: カミュ 投稿日:2019年 8月22日(木)19時42分15秒   通報   返信・引用 > No.4858[元記事へ]

> 評価してる方には申し訳ないですが(´・ω・)

クーさん、ありがとうございます。確かに評価している方には申し訳ありませんが、全然胸に刺さりませんでした((+_+))



[4858] 選んだのを後悔した映画

投稿者: cooh 投稿日:2019年 8月22日(木)19時28分40秒   通報   返信・引用

>つまらない映画でした。観た自分が恥ずかしいです。
>
見なかったらよかったほどか、と思ったのは最近の映画なら去年のこの映画。
隣人役が香川照之でもちろん不気味さがあって上手いけど、なぜこの人がそんな人になったのかよくわからないうちに殺し合いに発展して、しかもスリルがない……??と思いながら見終わったというか、ラストをよく覚えてない映画でしたわ。
評価してる方には申し訳ないですが(´・ω・)



[4857] ラスト・マン 地球最後の男

投稿者: カミュ 投稿日:2019年 8月22日(木)19時04分36秒   通報   返信・引用

「スター・ウォーズ」シリーズのヘイデン・クリステンセン主演によるSFアクション。世界的経済危機と気候変動により文明が崩壊した近未来。無法地帯と化した街の片隅で生きるカートは、戦場での恐ろしい体験が原因でPTSDに悩まされていた。ようやく仕事を見つけた彼は、そこで出会った女性ジェシカと恋に落ちる。ある日、世界が終末へ向かっていると説く指導者ノエと知り合ったカートは、ジェシカを守り共に生き延びるため、ある行動に出るが……。共演に「パルプ・フィクション」のハーベイ・カイテル、「ニュー・シネマ・パラダイス」のマルコ・レオナルディ。

荒廃した世界で幻覚を見たりする元兵士が仕事を見つけそこで恋をするお話。一体なんだ?よくわからないし画面は暗いしなんか中身があったのか?何処を楽しめば良いのか分からない、つまらない映画でした。観た自分が恥ずかしいです。

https://youtu.be/G44be9LZ7jc












[4856] 水曜日のドラマ視聴率です

投稿者: cooh 投稿日:2019年 8月22日(木)13時53分0秒   通報   返信・引用

刑事7人season5  ↓  9,9%
偽装不倫  ↑  11,3%
なつぞら  ↑  19,8%

半年間の朝ドラ「なつぞら」、きのうでクランクアップ(撮影終了)です(^_-)-☆
初代をはじめ、歴代の朝ドラヒロインが続々と登場した朝ドラ100作目。評価はまだ終わってないのでわかりませんが、この長いドラマを支えたのは広瀬すずはもちろんのこと、爺ちゃんの泰樹役の草刈正雄ではなかったでしょうか。
レビューを見ていても、爺ちゃんへの不満は見たことがなかったです(ときどきセリフが聞き取りにくかったですが^_^;  )
それと火曜日に区役所の職員役で出演した↓の女性は、「ワンピース」のルフィー役で有名な声優の田中真弓なんだそうです。
本人はいつもと違って相当緊張したそうですが、さすがでした。



[4855] Re: きのうのドラマ視聴率です

投稿者: シオドー 投稿日:2019年 8月22日(木)10時22分7秒   通報   返信・引用   編集済 > No.4851[元記事へ]

『魔法使いサリー』はとっても人気があったから再放送も何度も長きに渡ってやってましたね。
幼少の頃は家のテレビがまだ白黒だったから東映まんがまつりの映画館で初めてカラーで見て「サリーちゃん、赤い服なんだ!」と知りました (^ω^

ところで昨日、高畑勲がらみで『ハイジ』とか『火垂るの墓』とか書きましたが、よくよく考えてみると、主人公である(以前HHHさんが書かれていた)なつのモデルの人はこれらの作品に関わってないようなのでドラマではあんまり関係なさそうですね。脚本のインスピレーションにはなったかもしれませんが。



[4853] Re: きのうのドラマ視聴率です

投稿者: cooh 投稿日:2019年 8月21日(水)23時51分19秒   通報   返信・引用

> そのうち本人の文集とか、同級生の誰かがテレビ局に提供して紹介されるのでしょうね  …(-ω-;)

文集はやりすぎだと思いますよ。子どもの頃のまま大人になってる人はまれだし、ましてや自分が犯罪者になるとは小学生で予想する人なんていませんし。
犯罪の法律的な量刑と、テレビで報道される時間が比例関係になることはなく、やっぱり犯罪が世間に与えたインパクトで報道量が決まりすよねぇ(*´`)

今回の事件は映像がしっかり残っていて、特に彼氏が人を殴ってるのに、怖がることもなく止めることもなく撮影してるなんて人、今までいなかったからなおさらですわ。
男の方は免取の上、執行猶予がつくだろうと言ってるので、こんな男、無免許で車に乗りそうだから僕は関西のどこかで合わないことを祈るのみです(´・ ・`)

「なつぞら」、サリーちゃん数秒ですけどタイトル変えて出てましたね。僕は姉が見てたんで、たぶんオンタイムで見てたと思います。
なんと言っても、友達のよしこちゃんのだみ声が記憶に残ってますよ。
当時のオープニングです♪  ↓
>>>>     https://youtu.be/0F0xAFaJApk



[4852] Re: きのうのドラマ視聴率です

投稿者: bro 投稿日:2019年 8月21日(水)20時53分8秒   通報   返信・引用

> ガラケーなっちゃんは罪の重さよりはるかに報道量が多いと思うけど、笑いながら携帯で撮影してる異常さが恐ろしいから世間の関心が高くなるのは仕方なしかな。

あの撮影してるところは家族全員が『なに、この人!?』でした。
でも学生時代の同級生の人が、特に問題児でもなかったのにあれやこれやとマイクの前で話してるのは、私は見ていて気分のいいものではないです。
そのうち本人の文集とか、同級生の誰かがテレビ局に提供して紹介されるのでしょうね  …(-ω-;)



[4851] Re: きのうのドラマ視聴率です

投稿者: bro 投稿日:2019年 8月21日(水)20時47分50秒   通報   返信・引用

> 考えすぎですかね? 勝手な想像なので全然違ったりして (´^ω^

こんばんわ。
脚本の大森寿美男さんは香取くんが主演した『黒部の太陽』や『ロクヨン』(こちらの主演さんはちょっと問題をおこしたのでふせておきます(´・ω::.    )などなど社会派ドラマの脚本も担当してるから、そんな伏線があったのかもしれませんよ。
私は子どもの頃に再放送されていた『魔法使いサリー』が出てきたので、それで満足しています(^^♪



[4850] Re: きのうのドラマ視聴率です

投稿者: baru 投稿日:2019年 8月21日(水)19時38分59秒   通報   返信・引用

> 当時の同級生が顔を隠してやたら『あの頃のなっちゃんは、なっちゃんは……』と喋ってるのを見て、広瀬すずを思い出してしまいます。顔は似ても似つかないのですが  (・・)

朝から報道は2人一色ですよね。
ガラケーなっちゃんは罪の重さよりはるかに報道量が多いと思うけど、笑いながら携帯で撮影してる異常さが恐ろしいから世間の関心が高くなるのは仕方なしかな。
広瀬すずとは似ても似つかないのは同感です(^。^;)



[4849] ギャング・イン・ニューヨーク

投稿者: カミュ 投稿日:2019年 8月21日(水)18時56分23秒   通報   返信・引用

1980年代のニューヨークで暗躍したマフィアのボス、ジョン・ゴッティの実録劇。マフィアのトップに立った男の栄枯盛衰を描く。監督は『アントラージュ★オレたちのハリウッド』シリーズなどのケヴィン・コナリー。『パルプ・フィクション』などのジョン・トラヴォルタ、『オールド・ドッグ』などのケリー・プレストン、『探偵マイク・ハマー』シリーズなどのステイシー・キーチらが出演した。

ニューヨーク5大ファミリーの一つガンビーノファミリーのジョン・ゴッディの話。マフィア映画ならではの登場人物が沢山出てくる為、顔と名前が一致しない。関係性もわからなかった。ギャングながらのバイオレンスや犯罪行為ももちろんにあるが、ドラマとしても興味深く見れる物語。出演に加え製作総指揮も務めたジョン・トラボルタの熱い演技は見物。

ギャング・イン・ニューヨーク

https://youtu.be/w5zETrB9-hQ


4064件の内、新着の記事から20件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.